株式投資

みずほファイナンシャルグループ(8411)はNISAで人気ランキング上位! 今後の株価の見通しは?

NISAで人気のみずほファイナンシャルグループ

みずほファイナンシャルグループとは?

<みずほ>は、「みずほフィナンシャルグループ」という持株会社のもと、銀行、信託、証券などを持つ総合金融グループです。

<みずほ>はグループ内に銀行、信託、証券、アセットマネジメント(資産運用)およびシンクタンクを擁するグローバルな金融グループです。
今後も「One MIZUHO」の旗印のもと、日本、そしてアジアと世界の発展に貢献し、お客さまから最も信頼される、グローバルで開かれた総合金融グループを目指します。 (みずほファイナンシャルグループホームページより)

みずほファイナンシャルグループは御存知の通り日本を代表するメガバンクですね!

SBI証券ホームページより

上記は7月最新のNISA週間保有残高ランキングですが、みずほファイナンシャルグループはこのとき今月1位となっていますね。

人気の秘密は?

 この人気の秘密として考えられるのは、まずもちろんこの圧倒的な知名度ですね。日本人ならまあほとんどの方がご存知でしょう。

 次の理由としては利回りでしょう!現在の株価は157円ですが、年間配当金額は今年は7.5円です。過去数年この配当額ですね。となると配当利回りは4.77%もありますね!

株価の位置は?

SBI証券ホームページより

 みずほファイナンシャルグループの過去20年の株価チャートです。日経平均株価が2008年のリーマンショックのあと10年で3倍になってることを考えるとこのチャートは物足りない感じですね。リーマンショック以降ほとんど株価が変わっていません。

 これはみずほファイナンシャルグループに限った傾向ではなく、それ以外の国内大手金融株はこの10年伸び悩んでるところが多いですね。

 これは日銀の過剰な金融緩和で銀行株の収益が圧迫されて、業績に対する今後の期待感が低いことが原因なのですが、利回りだけ見るとNISAで長期保有したいという人が多いのは納得ですね。

 ただ、個人的には日本の金融株は金融政策の今後の方向性からして、国内金融株はこれ以上成長する可能性が低いので、長期保有向けではないと考えています。

低PBR(実績):株式ランキング – Yahoo!ファイナンス

 この低PBRランキングを見ると明らかですが、圧倒的に低PBRで放置されてるのはほとんど銀行株です。はっきりとしたなんらかの理由があるからここまで銀行株だけが買われないのでしょう。きっと数年後に振り返ると、「あ~!銀行株が2019年にこんな売られてたのはこの理由だったか!」と誰の目にも明らかにわかる日が来るかもしれませんね。

SBIネオモバイル証券 口座開設
インヴァスト証券「トライオートFX」