投資情報

初心者におすすめ❢ 株式情報が得られるネットサイト5選❢

 株式投資を始めるにあたり、いろいろ情報を得たいとは思っていても、どんなサイトを見ればよいのかわからないことも多いと思います。

 そこで、これから投資を始めようとしている方、もしくは始めたばかりの方がインターネットのどのサイトでどのように投資に関する情報を集めれば良いかを書いてみます。

 自分がよく使うのは、株探・日本証券金融・日本経済新聞・SBI証券・楽天証券の5社のサイトです。そのうち2つはネット証券なので、情報サイトとはちょっと違うかもしれませんが

株探 

 まずは株式情報を集めるならぶっちぎりで株探が優秀ですね。ここだけでほぼ必要な情報の80%くらいは入手できると言えます。

株探とは?

「株探」は、株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドが以下のコンセプトを基に提供・運営するサイトです。

「株探」のコンセプト

  1. プロ向け金融端末に匹敵する情報の速報性・質・量の実現
  2. 多様な投資家ニーズへの情報提供
  3. 株価へのインパクトが予想される情報を事前に提示
  4. 素早い投資判断のサポート
  5. 利便性、操作性、見やすさ、わかりやすさの追求

 当サイトのコンテンツ運営を担当する、ミンカブ・ジ・インフォノイド「株探」事業部は、さまざまな角度から投資対象となる有望銘柄をスピーディーに発掘できるサイトを目指し、多面的なメニューを提供いたします。

「株探」についてより(株探サイト)

「株探」はミンカブ・ジ・インフォノイドという上場企業が運営している株式情報メインのサイトです。最近上場したばかりですのでご存知の方も多いと思います。

 ミンカブの直近の1-3月期決算も黒字で、今期も大きく売上・利益とともに伸びる会社予想となっています。

 ここはAIを駆使した斬新なビジネスモデルを次々と立ち上げ、各業界から注目されている会社です。

株探のメリットは?

  1. 記事の速報性
  2. 株式情報が無料サイトで国内最大級の充実度
  3. 株探プレミアム会員だとさらに充実

の3つが上げられます。以下さらに詳細に解説します。

記事の速報性

 ①の記事の速報性とは、下記のように決算の開示が出るとほぼ同時にAI(人工知能)を駆使し、決算の要点を分析した決算記事が流れてきます。以前はこのようなサイトはなく、一つ一つ開示資料を開いて読むという時間のかかるやり方しかなかったのですが、今は株探の決算速報のおかげで一目瞭然で決算の良し悪しが瞬時に判断できるようになりました。

株探より抜粋

株式情報が無料サイトで国内最大級の充実度

②株式情報が無料サイトで国内最大級の充実度というところについてです。株探の抜粋サイトページを見てみましょう。

株探より抜粋
株探より抜粋

決算開示から決算情報から解析記事から全部乗っていますね。すごい情報量で、必要なことはほとんどここから得られます。

 業績についても3ヶ月毎に記載されています。自分の知る限り3ヶ月決算の内容が無料で掲載されているサイトは株探のみと思います。

株探プレミアム会員だとさらに充実

 株探にはプレミアム会員制度がありまして、月1980円(税抜)でプレミアム会員に入ると、5年間の業績修正履歴が見れたり、株価がリアルタイムで配信されるなどのメリットがあります。まあこれは利用状況に応じて、加入するかどうかは人それぞれですね。

日本経済新聞(ネット版)

 経済紙としては日本随一の日本経済新聞ですね。経済の解説記事については分析の深さは非常に優れた記事が多いです。無料版でも多くの記事が読め、無料会員に入ると有料会員限定記事でも月に10本まで読めます。

COCORO BOOKS【日経新聞電子版定期購読】

日本証券金融株式会社

日本証券金融株式会社は証券会社の信用取引に関するサービスを行っている会社です。 

 一番最初に逆日歩情報が掲載されるのがこの日本証券金融株式会社のページです。だいたい朝の10時半頃に前日の逆日歩が掲載されますので、優待クロスなどをやって、逆日歩が気になる時はここをチェックするのが一番早いです。

SBI証券

SBI証券はネット証券会社です。

 口座を開設しないといろいろな情報が見れないのですが、開設する価値はあると思います。開設すれば四季報や各種リアルタイムのランキング、株式記事などが無料で見れます。

 また、SBI証券のスマホアプリはとても使いやすく、株式情報もしっかり入手できる充実度です。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

楽天証券

 楽天証券もネット証券です。楽天証券については、口座開設者が利用できるマーケットスピードというパソコンで作動するアプリがあるのですが、これが非常に素晴らしい出来です。四季報やチャート、歩み値、過去のニュースなどパソコンで株式情報を集める時はマーケットスピードが最強ですね。

 以上、個人的な目線で、株式情報を集めるのに便利なサイト5選をご紹介しました☆