株主優待

ホットランド(3196)が公募増資で株価急落❢ 割高感は解消されたのか?

ホットランド(3196)が9月2日に公募増資を発表し、翌日の3日の株価は大きく下落しました

新株式発行及び株式の売出しに関するお知らせ  ホットランド9月2日付開示

SBI証券より ホットランド日足チャート

ホットランドが売り気配、公募増資と売り出しを実施(株探ニュース) – ニュース・コラム – Yahoo!ファイナンス 

本日ホットランドの株式は寄り付きから大きく下げ、12%ほど下落して引けました。

ホットランドについては8月にブログに「 業績は回復傾向にありますが、今のホットランドの株価位置は指標的にも利回り的にも割高感があるように思えます。」と書いていました👇

業績についてはこの時から変化はないですので、今回は公募の内容や株価について書いてみます。 はたして今回の株価下落で割高感は解消されたのでしょうか?

増資による希薄化は16%

ホットランド開示によりますと、普通株式261万株を発行と、オーバーアロットメントによる売り出しも39万株を上限に実施するようですね。

ホットランドの発行済株式総数が1850万株ほどで、今回の新規発行が300万株ですから16%の株式の希薄化になりますね。ただ、今日の12%の下落でほとんどすでに希薄化分を織り込んだとも言えるかもしれませんね

公募増資が出来る企業は信頼度が高い

一般的に公募増資を実施して資金調達できる企業は、経営者も将来に自信があり、さらに株式市場でも評価されているケースが多いように感じています。これだけの公募増資に応じてくれる株主が十分にいると判断しているのでしょう。

実際に資金繰りが苦しい企業はMSCBや大規模な第三者割当増資を突然実施したりして、大幅な株式価値の毀損をしたりすることもよく目にしますね。

今回のホットランドのように資金の使いみちを明らかにして、堂々と資金調達を行うところは好印象です。

なお、ホットランドは積極的な店舗展開のためか、有利子負債が会社規模に対して多めで、自己資本比率は22%と低めとなっており、自己資金のみでは事業のさらなる積極拡大は難しい段階になっているように見えます。

そこで今回の公募増資に踏み切ったのでしょう。

調達資金は新規出店費用に使用

今回の一般募集及び本第三者割当増資の手取概算額合計上限 3,879,049,000 円については、3,879,049,000 円を 2021 年 12 月末までに銀だこ酒場及び築地銀だこを中心とする新規出店に係る当社グループの設備投資資金(当社子会社への投融資資金を含む。)に充当する予定であります。また、手取概算額合計の確定時点において残額が生じた場合には 2019 年 12 月末までに借入金返済に充当する予定であります。

新株式発行及び株式の売出しに関するお知らせ  ホットランド9月2日付開示より抜粋

まずは調達額全額を新規出店に当てるというのは好印象です。

新株式発行及び株式の売出しに関するお知らせ  ホットランド9月2日付開示より抜粋

実際の資金の使いみちを見ると利益率が高く、売上も伸びている銀だこ酒場業態の方に力を入れて出店する計画というのは良いですね。

2019年12月期
ホットランド 第2四半期決算説明会資料より
2019年12月期
ホットランド 第2四半期決算説明会資料より

ホットランド資料ではギンダコスピリッツの利益の伸びや利益率の高さについて触れられていますね。

2019年12月期
ホットランド 第2四半期決算説明会資料より

ギンダコスピリッツは3年で店舗数倍増を計画しているようです。かなりの積極展開ですね。

株価の割高感はまだ残るが、成長戦略は評価

ホットランドの優待内容は下記のようになっています

全国のホットランドグループの各店舗で利用できる優待券

100株以上500株未満:半年毎に1500円(年間3000円)

500株以上1000株未満:半年毎に7500円(年間15000円)

1000株以上:半年毎に15000円(年間30000円)

ホットランドホームページより

配当は今期は1株あたり5円が予定されています。ホットランド100株を1年保有していたとしたら配当500円と優待券3000円もらえますので、トータル利回りとしては今の株価なら2.9%くらいですね。

株価が下がったとは言え、まだそれほど利回りだけでみると高い方ではないですね。

今後については、38億円ほどの大きめな増資のため、短期的には株価の上値は重いかもしれませんが、 ホットランドの業績自体は良いので、店舗数が大きく増えるのであれば、そのまま業績の拡大期待に繋がり、ひいては企業価値の増大となるとして、この公募増資による積極的な姿勢はやがて評価されるのかもしれませんね。

【DMM CFD】入金