好決算

株価も業績も絶好調!な銘柄まとめ5選

ここ最近に好決算を出してさらに株価も上昇傾向な銘柄を独断で5つ選んでみました!

月次は驚異的な伸び! ワークマン(7564)

ワークマンは作業服の全国展開の会社です。最近はカジュアルメインのワークマンプラスの展開にも力を入れていますね。ここの売上の伸びがすさまじいですね!

ワークマン—年初来高値、8月の既存店売上高54.7%増、伸び率加速、猛暑で防暑小物好調 9月3日株探記事より

ワークマン9月2日発表の月次速報より

ワークマンは時価総額5400億円もある大企業ですが、8月の売上が前年同月比で150%という信じられないレベルの伸びを示しています。

それを好感して株価も大きく上昇していますね!

今後も期待できるのではないでしょうか

SBI証券より ワークマン6ヶ月チャート

7月に書いたワークマンの詳細記事はこちら👇

決算で急上昇 明豊ファシリティワークス(1717)

今日は下がりましたが、明豊ファシリティワークスは決算後の1ヶ月ちょいで50%も上昇してますね!

SBI証券より 明豊ファシリティワークス 6ヶ月チャート

7月30日の明豊ファシリティワークスの上方修正の理由は

「 社会的にCM(コンストラクション・マネジメント:発注者支援事業)が普及する中で、当社の 認知度の向上もあり、受注が予想を超える水準で推移していることを主因に、売上高、営業利益、 経常利益及び四半期純利益が期初予想を上回る見込みとなりました 」

明豊ファシリティワークス 2019年7月30日 開示より

とあります。今後も期待できるのではないでしょうか!

8月に書いた明豊ファシリティワークスの詳細記事はこちら👇

安定の業績の伸び! コシダカ(2157)

SBI証券より コシダカ6ヶ月チャート

カラオケのまねきねこや女性専用フィットネスのカーブスの展開をしているコシダカですが、決算後も高値維持していますね!

コシダカHD、今期経常を10%上方修正・最高益予想を上乗せ 7月10日株探記事より

直近の決算の7月10日の第3四半期決算のときにも上方修正を発表し、好調さを持続しているのが確認できています。

コシダカは株主優待もありまして、100株保有で3年未満株主の場合は、優待券年間4000円分+配当1200円で総合利回りは3%、100株保有で3年以上保有ですと、優待券年間8000円分+配当1200円で総合利回りは5.37%になりますね。

このレベルの成長企業で長期保有すると利回り5%超えというのは自分的にはとっても割安感を感じます

8月に書いたコシダカの詳細記事はこちら👇

成長はオリコンでない? オリコン(4800)

SBI証券より オリコン6ヶ月チャート

オリコンは4ヶ月で株価3倍と飛躍していますね!

オリコン、4-6月期(1Q)経常は81%増益で着地 8月5日 株探記事より

8月5日の決算で純利益は前年同期比+80%という好決算ですね。

第1四半期決算では売上が前年同期比+14%なのに対し、売上原価はほとんど増えていません。

つまり、オリコンのビジネスモデルでは損益分岐点を超えていて、かつ固定費がこれ以上増えないビジネスを行っているということが分かります。それで株価が大きく上昇したのでしょうね☆

8月に書いたオリコンの詳細記事はこちら👇

タピオカブームにも乗り売上急増 神戸物産(3038)

時価総額3500億円もある神戸物産ですが、ここもワークマンと同じく月次の伸びがすごいです。

神戸物産 月次IRニュースより

神戸物産の月次の伸びはすばらしいですが、利益の伸びがもっとすばらしいですね。7月は営業利益が前年同月比で141%となっています。

商品動向につきましては、引き続きタピオカ関連商品が人気となっております。また、プライベートブランド商品である「冷凍ブロッコリー」をはじめとする冷凍野菜や、「冷凍ブルーベリー」「冷凍マンゴー」などの冷凍フルーツ、国内グループ工場製造の「鮭フレーク」などの出荷も伸長いたしました。

8月26日神戸物産 月次IRニュースより抜粋

神戸物産の月次にはタピオカが人気ということが記載されていますね。

SBI証券より 神戸物産6ヶ月チャート

神戸物産の6ヶ月チャートを見ますと、最近少し下げましたがきれいな右型上がりの上昇ですね。消費税増税が迫る中、神戸物産のような店舗は逆に安くて良いものを求めるお客さんが増えて追い風になるのかもしれませんね。

7月に書いた神戸物産の詳細記事はこちら👇

以上のように、ここ最近で好決算を出して株価も人気となっている5銘柄を挙げてみました☆