優待紹介

ヤーマン(6630)の株価が決算発表後PTSで急落!決算と株主優待は?

9月13日引け後、ヤーマン(6630)が第1四半期決算を発表しました。

2020年4月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕 ヤーマン9月13日発表

【決算速報】ヤーマン、5-7月期(1Q)経常は71%減益で着地(株探ニュース) – ニュース・コラム – Yahoo!ファイナンス

SBI証券より ヤーマン9月13日夜のPTS

その決算の後、PTSでは大きく株価が売られていました。安値は680.5円まであって、出来高26000株とPTSにしてはなかなか多めの出来高でしたね。

今日はヤーマンの決算と株主優待について書いてみます。

ヤーマンは美容健康器具の製造販売を行っている会社

ヤーマン株式会社は、東京都江東区に本社を置く美容・健康機器メーカー。1978年設立。美容機器と化粧品の研究開発・製造・輸出入販売を行い、美容健康機器の業界を牽引するメーカーである。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヤーマンはこのように美容や健康器具を製造販売している会社ですね。

ヤーマンのこの数年の業績は急拡大していた

株価は3年で20倍以上に!

ここ数年ヤーマンの製品は大きな人気となり業績は急拡大していました。

ヤーマンの純利益推移
2015年 3億円
2016年 5億円
2017年 22億円
2018年 33億円
2019年 35億円
2020年 36億円(会社予想)

株価もそれに合わせて急上昇してきてました。

SBI証券より ヤーマン5年チャート

チャートを見てみますと2015年8月には135円(株価分割調整後)だった株価が2018年5月には2788円まで上昇しています。3年も立たないうちに株価が20倍以上になっていますね!

これはほんとにうらやましいすごい上昇ですよね!こういう会社を長期保有してみたいものです。

9月13日発表の決算は大幅減速

業績については今年の6月13日に下方修正を発表していましたが、株価がピークを付けたのは去年の5月という早い段階でしたね。これが株価の先見性というのでしょうか。

ちなみに2015年6月からヤーマンは上方修正しかしたことがないくらいの急速な業績の伸びでした。6月の下方修正が4年ぶりだったのです。

業績減速の理由は?

第1四半期決算が前年同期比70%減というのはかなり大きな減少ですね。

内訳を決算書などから見てみますと、

ヤーマン第1四半期決算ポイント

  1. 通販部門は大幅増益
  2. 店舗販売は大幅減少
  3. 直販部門は大幅減少
  4. 海外部門は大幅減少

となり、かなり厳しそうな感じですね。

「 国内顧客向け販売は堅調だったものの、海外顧客向けの販売が半減する結果となったため、想定以上に売上が好調であった前年同四半期に対し、売上・利益ともに大きく下回る結果となりました 」

第46期(2020年4月期)ヤーマン第1四半期 決算補足説明資料より抜粋

とのことですね。海外向けが半減と書かれていますね。上期の進捗率が22%と低いこともあってPTSでも売られたのでしょう。

ヤーマンの株主優待は高利回り!

ヤーマンの株主優待についてはこのようになっています。

株主優待権利月:4月

100 株以上 500 株未満で2年未満保有 5,000 円相当の自社商品セット

100 株以上 500 株未満で2年以上保有 10,000 円相当の自社商品セット

500 株以上、2年未満保有 14,000 円相当の自社商品セット

500 株以上、2年以上保有 20,000 円相当の自社商品セット

金額相当額の自社商品セットとありますが、今年4月に具体的な商品内容が発表(2019年度株主優待制度のご案内 ヤーマンホームページ)されていて、例えば100株以上かつ2年以上保有株主の優待の選択例ですと

エクストラシリーズスキンケアセット

・エクストラモイスチャーローション 120ml(4,000 円)×1

・エクストラフォーミングソープ 100g(3,000 円)×1

・エクストラセラム 50ml(5,000 円)×1 

合計 12,000 円相当!

100株でも12000円相当の商品がいただけるという太っ腹優待ですね!

13日のヤーマンのPTSの値段715円で利回りを計算しますと、この一番高い優待を選択した場合、100株保有で2年以上の株主の優待利回りは16.7%にもなります。

また、ヤーマンには配当もありまして今期については1株あたり3.6円の配当が予想されています。

100株保有で2年以上の株主の場合で、エクストラシリーズスキンケアセット12000円相当を選択し、配当360円を頂けたとしたら、PTSの値段715円で利回りを計算した場合、あわせますと利回りはさらに上がって17.2%になりますね!

今後の株価は?

ここまで見ましたように、ヤーマンの業績についてはやや心配なところもありますが、2年以上の長期保有で17%以上の利回りとなるお得感からPTSでつけていた700円前後でしたら100株を保有したい人も多いのではないかと思いますので、株価は下値では支えられるのではないでしょうか